HX115HDの伝送距離をUPさせる!超小型受信機 Futaba R2000SBM

ブログ

ドローンの伝送距離をUPさせる

先日購入したHX115HDですが、最初から付いている受信機だと200m程度しか届かないということでした。
さすがにこの機体で200mだと一瞬で行ってしまうので不安になって受信機変えてきました。
Futaba R2000SBM!RSSIが使える受信機です。

RSSIとは

RSSIはFPVゴーグルに受信機からの電波の強さを表示させられる機能のことです。
これにより飛ばしながら電波の状況が良いのか悪いのかを確認しながら飛ばせます。
自分の近くにあるときは数値は99。離れれば離れるほど下がっていきます。
これが0になるとNoControlで墜落ですね。
万が一墜落させてしまってどこにあるかわからない場合もゴーグルを見ながら数字が大きくなる方に歩いていけばある程度見つけることができるすぐれものです。

ドローンをいじる時はとりあえずFUNFUNへ

ということで、自宅から車で20分の大阪松原のFUNFUNへ

とりあえず店長のGodHandにお任せです。
今回改造されるのはこの子、HX115 HDです。
この下からペロッと出てる受信機を変更します。

まずは裏返し。
この黄色・赤・黒でつながっている部分を切り離します。

ゴッドハンド登場☆

あら、 Futaba R2000SBM はしっぽが2本になるのね。

装着完了です。

で、前に持っていってインシュロック(結束バンド)で前に持っていき
ゴムチューブ?っていうのか知らんけど、それでまとめて
まるで翼笑

かっこええような、ダサいような…w
でもまぁこれで伝送距離が伸びるなら全然あり!

準備万端と思って帰ってきましたが次はゴーグルが不調に…
ゴーグルを隣の部屋においたら全然見えない…
なんで?
出力が25になってて200に上げたら余裕で見えました。
200にあげてどれだけバッテリーが持ってくれるのか…
まぁ、それは宮古島でのお楽しみにおいておきます。
あー、今すぐ家の窓からぶっ飛ばしたい!!!!!!(我慢)
どれぐらい離れても大丈夫なのかは、宮古島で試してきます。
なくさないことを祈りつつ…なくす覚悟はすでにできてますw

コメント

タイトルとURLをコピーしました