都会でドローンは家の中がおすすめ!マイクロドローン!

BETA65X

ドローンをやったことがない人によく言われること

1位 免許(資格)いるんやろ?
2位 飛ばせるところないやろ?
3位 難しそう…

まぁ、そんなイメージですね。
1位の免許に関しては色々細かい点があるのでまた別で。

今回のブログは、ドローンを「飛ばせるところ」に関して書きたいと思います。

ドローンの種類を大きく3つに分けました。

空撮機(MAVIC2PROなど)

一般的にきれいな絶景などを優雅に飛ばしているのがこれ。
DJIなど大手メーカーが販売している空撮機です。
ぼくが購入したのはMAVIC2PRO
8万円~上は数十万円。なかにはウン百万円のものも…

これに関しては航空法が大きくかかわります。
このブログのタイトルにもあるDID地区では普通の方は飛ばせません。
簡単に言うと国土交通省が認定する包括許可を持っており、かつ業務であれば飛ばすことが出来ます。
DID地区以外の場所であれば無資格、無免許で飛ばすことは可能ですが様々な許可を取ってからでないと飛ばしにくいのが日本の現状です。
DID地区に関してはググればすぐ出ますので、自分の地域がDIDかどうかすぐチェックできます。

結論、このドローンを飛ばすのに、免許や資格は基本的には不要です。

マイクロドローン(Tinywhoopなど)

本日の本題です。

なぜこのブログを書こうと思ったかというと…
こちらのYouTubeをごらんください。

家の中でドローン!マイクロドローンを飛ばしまくる。タイニーウープは室内だからおもしろい!

本日撮影してきたYouTubeですが、これは上記の空撮機のように大きくもなく数十グラムのドローンなので家やお店など室内でも飛ばすことが出来ます。

実家の中をがつがつ飛ばしてきました。
壁にあたっても傷もつかないので楽しめます。

今回飛ばしたマイクロドローンはBETA65pro2Sです。
なんとお値段12300円!
安い!
といいつつ、これを飛ばすにはプロポゴーグルが別途必要になります。
プロポで3万円、ゴーグルで1.5万円。
バッテリーも必要になりますのでトータル6~7万円ぐらいにはなってしまいますね。
バッテリーはAmazonで購入するのが超お得。
8本で3200円でした。

在庫切れのこともよくあるので見つけたら即購入!

でも、これだと200g以下なので航空法が適用されずわりと自由に飛ばせます。

航空法が適用されないので、自宅だけでなく、近所の公園(東京・大阪は全滅ですが…)やちょっとした空き地でも楽しめますね。

ただ、こちらのドローンに関してはアマチュア無線4級が必要になりますね。
なのでこれは免許が必要なドローンとなります。
※無免許者もけっこういるといううわさもちらほら…

あっ、YouTubeのチャンネル登録もお願いします。

レース機(5inchなど)

レース機に関しては、ハイスピードのレースはもちろんですが、ものごっつい映像が撮れる素晴らしい機体です。
ただし、これは素人はなかなか飛ばせるものではありませんのでまずはTinywhoopなどから練習し、すべてを知った上でチャレンジしてみてください。
いきなりこんなもの買う人はほぼいません。

全速力で当たれば大けがどころか下手すれば死に至ります。

まとめ

日本は法律のしばりがえぐいです。

知識がないと飛ばせるところを見つけるのは至難の業ですが、知識があれば飛ばせるところは意外とすぐに見つけられますよ!
是非、少しだけ勉強してみてください。

あとは、購入したらドローンの先輩を捕まえることです。
その人に連れて行ってもらいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました