DJIドローン MAVICmini発売!今までの機体と比べてどうなの?

ドローン

結論、めっちゃ買いです。
様々な方が買う方向でレビューしていましたね。
ではその理由を見ていきましょう。

一番の魅力は199gで航空法適用外!

今までのDJI製品では200g以上のドローンばかりで航空法の中で許可を取ったり申請をしたりして飛ばす必要がありました。
今回、最初に発表された機体では249g。中国では規制の手前の重さだったようです。
それをMAVICmini日本仕様に199g以下に抑えて日本仕様で発売!
ありがたいです。249gだったらきっと誰も見向きもしませんでしたね。ナイス判断!

噂ではバッテリーを小さくしたとか…それでも18分飛んでくれるのは十分です。

ただ、不安なのは航空法適用外なのでルールを知らずに無茶する人が増えるのでは…という心配がありますね。適用外でもルールはたくさんありますので注意して飛ばしましょう。
保険も必須ですよ!

価格も魅力の4万円代!

従来のMAVICシリーズではMAVIC AIRでも10万円を超えていました。
今回はドローン初心者やこれから始める人でもチャレンジしやすい4万円代。
これは一気に人口が増えるかもしれませんね。

価格:46,200円(税込)
Mavic Mini(マビックミニ)本体
コントローラー
専用バッテリー:1個
充電ケーブル
プロペラ1セット(予備)
プロポスティック(予備)
ドライバー

MAVIC miniのフライモアキットは59,400円

バッテリーが3つになります。
プロペラも予備が3つ。
専用ケースもついてきます。

誰でも簡単にプロ動画!クイックショット!

これがあれば誰でも簡単にプロのような映像が撮れます。
MAVIC PROなどにはついていないのでMAVIC PROをお使いの方には新鮮かもしれません。

ドローニー(後上方にビューン笑)
ロケット(真上に上昇)
サークル(被写体の周りをまわってくれる)
ヘリックス(ノーズインサークルをしながら上昇)

映像はYouTubeでMAVIC 2 PROでご紹介したものがありますのでそちらをご確認ください。
チャンネル登録もよろしくです!

リターントゥーホーム(RTH)機能

ドローンを飛ばしたことがない方にはあまりイメージがわかないかもしれませんが、
ドローンを飛ばすと何が何でも自分のところに戻ってきてもらう必要があります。
リターントゥーホーム(RTH)機能 はGPSで飛び立った場所を記録し、その場所に自動で戻ってくるという神のような機能です。

この機能が発動するタイミングは3つあります。

1.操縦者がスマホで指示した時。
2.送信機との通信が途絶えた時(山を越えたりするとすぐ途絶えます。
3.バッテリー残量の低下時。

この機能のおかげでロストせずに済んだ経験者もかなりいると思います。

まとめ

航空法適用外のめっちゃ買いの機体です。
が…本当に知識のないドローンパイロットが増えそうなのが一番怖い。
航空法に関係なく、飛ばしたらだめなところで飛ばして逮捕とか歴史的建造物破壊とか…
気を付けて飛ばしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました