MAVICmini(200g未満)は結局どこで飛ばせる?

ドローン
にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ

にほんブログ村←クリックお願いします!ランキング参加中!

DJIからMAVICminiが発売されました。
航空法適用外の200g未満。
DID地区ど真ん中大阪市内に在住の私としては非常に欲しくなる一品。

だがしかし、結局これは航空法適用外になるだけで他の法はいきています。

MAVICminiのキャッチコピー「自由を手に飛び立とう」で、そのまま自由に飛ばせば
事故や事件になりますのでしっかり注意していきましょう。

今回の記事は深空株式会社さんのMAVICminiのイベントでのセミナーを元に書いています。
動画もありますので読むのがめんどくさいかたはセミナー動画へどうぞ。
その際はチャンネル登録をよろしくお願いします。

どこでも飛ばせるといううわさのMAVICminiでも飛ばせない場所

空港などの周辺の上空(航空法)

つい先日もありましたね。関空周辺をドローンが飛んでいて飛行機が着陸できずニュースになっていました。DJIの製品は恐らく空港周りでは飛べない規制がかかっているのでDJI商品ではないと思いますが最悪の事件です。事故にはならなかったもののドローンのイメージをダウンさせるニュースでした。
空港周りは細かいルールが決まっています。

めっちゃ細かく丁寧に説明してくれているサイトは多数ありますが一つだけご紹介。
ドローンエージェントさんの[ドローン法解説] 空港周辺でも申請不要の空域とは?制限図面の中身を徹底図解【ドローン規制】がわかりやすい。

150m以上の高さの空域(航空法)

ドローンの送信機に高さは表示されますが、それは発着場所からの高低差です。
航空法による150mは地表からの高さ。
例えば、標高1000mの山の上から飛ばしたとしても1150mまでは問題ありません。
しかし、そこから山の麓方面へ飛んだ際、標高800mのところへ飛んだとすると手元のドローンの高度が10mだったとしても210mを飛んでいることになり違法となります。
山の上などから低いところへ飛ぶ時はより注意が必要となりますね。

国の重要施設(小型無人機飛行禁止法)

いわゆる国会議事堂とか、首相官邸とかですね。
少し前に行われたG20やラグビーワールドカップなどの際にも期間限定で設定されることもあります。
基本的に範囲としてはおおむねのその施設の周辺300mです。

防衛施設(小型無人機飛行禁止法)

防衛省が定める防衛施設です。
主に自衛隊の駐屯地などのことですね。

外国公館など(小型無人機飛行禁止法)

こちら少しあいまいです。
大使館などだとは思いますが、G20の際の海外のおえらいさん方が宿泊するホテルなども
外国公館として指定されていました。(期間限定)

原子力事業所(小型無人機飛行禁止法)

いうまでもなく、原子力発電所ですね。
警察庁のサイトに施設一覧が掲載されています。

オリンピック競技大会(小型無人機飛行禁止法)

こちらは2019年5月に法改正が行われたようですね。
2020年のオリンピックに向けた改正でしょう。
オリンピック期間中は特に注意ですね。

高速道路や一般道、歩道などの公道(道路交通法)

MAVICminiが普及することで一番ひっかりそうなのはここですね。
離着陸も公道では不可とされています。
家の敷地内ならOKですが、敷地から出た瞬間道路交通法ですね。

条例で禁止されている公園(市町村の公園条例)

これは各市町村で設定されているようです。
ちなみに、東京都、大阪府の公園は全てドローン禁止です。
最近、キャッチボール禁止の看板のとなりにドローン禁止の看板をよく見るようになりました。

法律はもちろん、モラルを守って飛ばす

たくさん書きましたがこれも全てではありません。
まだまだ電波法や民法などでも細かいルールはたくさんあります。
ドローンをしたくて購入のボタンをポチっとする前に今一度飛ばせる場所をチェックしましょう。

その他安全なフライトのための注意点

筆者自身、以前にMAVIC2PROを墜落させた経験があります。
障害物センサーが全方向についているMAVIC2PROでしたが電線に反応せずひっかかり田んぼにダイブしました。
MAVICminiは下方センサーのみですのでそういった高価格のドローンよりもより注意が必要です。
海外のYouTubeですがドローンの墜落事故をまとめた動画があります。
シリーズ化されており何本も出ていますので是非見ておくことをお勧めします。
どういったタイミングで事故が起るのかがよくわかり非常に勉強になります。

以下も注意して飛ばしましょう。
・人や動物の上やそれらに向かって飛ばさない。
・人のいないところでの飛行を心掛ける。
・一般道はもちろん、高速道路や鉄道の近くでは飛ばさない。
・高圧線や鉄塔などの発電施設に近づかない。
・目視外飛行はできる限りしない。
・機体や送信機の改造はしない。
・風が強い時は飛ばさない。
・電波障害の可能性がある時は飛ばさない。
・鳥がいたら避難する、あるいは急上昇する(鳥は真上に急上昇できません)
・急停止できないのでスピードの出しすぎに注意する。
・雨・霧などの悪天候では飛行しない(防水機能はありません)
・バッテリー残量確認は飛行中絶えず行う。
・建物や電線、樹木などの接触しやすい場所では飛ばさない。
 ※マビックミニのクイックショットのサークルなどは本当に注意が必要です。
・他人の土地では勝手に飛ばさない(土地上空も土地所有者に所有権があります)。
・飛行前に破損パーツがないか確認する。
・機体の動作やアプリの使い方をマスターする。
・他人のプライバシーを侵害する撮影はしない。
・アプリでエラーが出ている時は飛ばさない。
・バッテリーの管理には気を付ける(リポバッテリーは発火の可能性があります)
・他人の迷惑になるような飛ばし方をしない。
・無理無茶な操縦をしない。

MAVICmini(200g未満)で飛ばせる場所を知る!航空法適用外で守るべき法律についてのセミナー@深空

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました