一発免停の可能性!スマホながら運転!道路交通法の罰則強化!!違反しないためのアイテム紹介!

ブログ

令和元年12月1日より施行されます。
めっちゃ厳しくなる…
一発で6点で免停の可能性もあります。
まぁ、仕方ないですね。今までこれで事故起きまくってますし。
この法改正でスマホ触りながらの運転がなくなることを祈ります。
ドライバー職の方などは本当に注意が必要ですね。
スマホ触ってて仕事がなくなる時代です。

なぜここまで厳しくなったのか。携帯電話使用の事故の推移

この推移みたらそりゃ厳しくしますね。
するしかない…
死亡事故が昨年42件も起きています。

警察庁ホームページから罰則などまとめました。

スマホ触っているとどうなる?

1.罰則等(令和元年12月1日施行)
 (1) 携帯電話使用等(交通の危険)
    罰  則 1年以下の懲役又は30万円以下の罰金
    反 則 金 適用なし
    基礎点数 6点
 (2) 携帯電話使用等(保持)
   罰  則 6月以下の懲役又は10万円以下の罰金
   反 則 金 大型車2万5千円、普通車1万8千円、二輪車1万5千円、原付車1万2千円
    基礎点数 3点

2.罰則等(令和元年11月30日まで)
 (1) 携帯電話使用等(交通の危険)
   罰  則 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
   反 則 金  大型車1万2千円、普通車9千円、二輪車7千円、原付車6千円
   基礎点数 2点
 (2) 携帯電話使用等(保持)
   罰  則 5万円以下の罰金
   反 則 金  大型車7千円、普通車6千円、二輪車6千円、原付車5千円
   基礎点数 1点

3.改正道路交通法の条文(令和元年12月1日施行)
 (運転者の遵守事項)
第七十一条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。
 五の五 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百十八条第一項第三号の二において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。同号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。第百十八条第一項第三号の二において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。
※警察庁ホームページより

違反しないために用意する必須アイテム

最近の車にはついていることが多いですが、車内のBluetoothのハンズフリー機能。
これは絶対に使用しましょう。
無いなら車載ハンズフリーのスピーカーがあります。
サンバイザーに取り付けるだけ!超簡単です。

あとはスマホホルダーですね。
こちらは360度回転できるもの、しっかりとホールドしてくれるものを選びましょう。
くっつけるタイプのものはずれたり落ちたりする可能性もあるのであまり好きじゃないです。

とにかく、安全運転でいきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました